10Gネットワークと高速のディスクパフォーマンスによる気象予報

ECMWF(欧州中期予報センター) 様

ホーム >  導入事例 >  10Gネットワークと高速のディスクパフォーマンスによる気象予報

導入事例 ECMWF(欧州中期予報センター) 様
2019.10.17

facebook twiter Pinterest LINE

ECMWF(欧州中期予報センター)について イメージ

ECMWF(欧州中期予報センター)について

ECMWFは1975年に設立された国際組織であり、北大西洋条約機構(NATO)、欧州評議会(CoE)、欧州宇宙機関(ESA)、経済協力機構(OECD)、欧州気象衛星開発機構(EUMETSAT)に次ぐ、6つの国際組織のうちの1つになります。34ヵ国が加盟しており、気象予報の元となるデータを配信しています。ECMWFが有するスーパーコンピュータは、ヨーロッパで最大規模の1つであり、加盟国はその25%を独自に利用することが出来ます。

CloudSigmaのネットワークは最大3Gbpsを要する膨大なデータを容易に処理

要件を満たせたのはCloudSigmaだけ イメージ

要件を満たせたのはCloudSigmaだけ

膨大なデータである気象予報をECMWFの加盟国に転送する必要がありました。しかしどのクラウド事業者もインターネットの速度が遅く、データが加盟国に届くまで時間がかかっていました。気象予報のデータは遅くても1時間以内に配信されなければならず、専用のアプリケーションに最大3Gbpsの帯域が必要でした。CloudSigmaを検討する上でネットワークテストや概念実証を実施したところ、想定以上のパフォーマンスを発揮してくれました。今では予定した時間に正確にデータを転送することが出来ます。

膨大なデータを瞬時に書き込む高性能ストレージ イメージ

膨大なデータを瞬時に書き込む高性能ストレージ

課題は高速のインターネットだけではありませんでした。気象予報の膨大なデータを書き込むための高性能なストレージと、単一障害点を予期して回避するための高可用性も必要でした。CloudSigmaのSSDストレージは非常に書き込み速度が速く、冗長化を兼ね備えたクラスター型のストレージを実装していました。これにより安全でより早いデータを世界中のECMWFの加盟国に対して転送することが出来ました。

「CloudSigmaがもたらすネットワークのパフォーマンスは、私が想像していた以上でした。今までの課題を劇的に改善してくれました」ECMWF ネットワークアプリケーションエキスパート Ricardo Correa氏

東京リージョン・最新の回線技術で運用。
IPSが導入をサポートいたします。

詳しくはこちら

powered by ips 東証マザーズ上場